2022年4月23日(土)研修会

講師:群馬ダルク 施設長 福島 ショーン 氏・代表 平山 晶一 氏

「家族のプログラム」

 今回は会の初めに、日本ダルク代表の近藤恒夫氏の逝去に対し黙とうをしました。近藤さんが存在してくださったからこそ、ダルクがあり回復があったのだと心から感謝しています。ご冥福をお祈りいたします。

 今回は、群馬ダルクの福島ショーン氏と平山晶一氏をお招きして、「家族のプログラム」の研修会でした。お二人は、アメリカ・ハワイでの勉強会に参加し、日本全国を飛び回って家族の回復プログラムの紹介をしています。アメリカは日本に比べて薬物依存症になってしまう人がはるかに多いです。そして、薬物依存に関する知識もはるかに多いといいます。
 近藤氏との出会いは30年以上前で、その出会いがなければ今の自分はいないと話されます。今、生きていることが奇跡なのだと。近藤氏がいたからこそ、回復できることや回復の場があったと。
 ショーン氏はダルクに入寮してからも問題をよく起こし、刑務所にも入ったとのことです。ショーン氏の母は姿を消したといいます。そんな母と今は仲がよくなったといいます。
 平山氏は、16歳からクスリにはまったとのこと。特別でなければいけないという考えに支配され、居場所がなかったといいます。居場所を求めていたはずの場所で、クスリから抜けられず居場所を失っていったとのことでした。

家族が薬物依存症当事者のために何ができるのか?
今日はそんな内容の研修会でした。

①本人が大きな病気になったときと同じように接してください。

依存症はWHOが認めたれっきとした病気です。治療・ケアを続ける必要があります。しかし周りの人がなかなか病気と認められないのはどうしてでしょうか?それは検査しても数値で現れるものではないからです。家族も否認して「うちの子に限って」と心にふたをしてしまいます。

②常に本人と自分の依存症・病気・回復の勉強をしてください。

家族会にたどり着いたときは、本人のことで頭がいっぱいです。自分のことを知り、自分の回復を考えることが大切です。困ったときだけ家族会に来て、困らなくなると家族会に足を運ばなくなります。家族会で常に勉強して、病気と闘う練習が大切です。

③本人に昔話・説教をしないでください。他者と比較しないでください。

「昔はかわいかった。」悪気なく言う言葉が、劣等感を持っている本人には、今の自分を認めてもらえないと感じます。
説教をしても仕方ない、昔には戻りません。説教は思い通りにしたいというコントロールになります。世間やふつうはなどと比較することは、片方のいいところともう片方の悪いところを比べています。傷つける言動が、クスリを使う理由になります。期待と理想を持った家族の思いには届かないと思っています。本人の「今」を認めることで、自尊心や自信があがり、そうなるとクスリは必要でなくなります。

④きっかけを与えないでください。

クスリを使うことは、本人がやることですが、何かのせいにしたいと思っています。説教や、本人の前で飲酒することは避けてください。常にリスクがあります。口論するくらいなら黙って離れたほうが良いです。
家族の一番の責任は、本人を自立させることです。大人に育てることです。

⑤本人が同居しているなら、自分の時間を作ってあげてください。

問題があるにしろ、コントロールしないようにしましょう。ルールがあってもよいですが、監視をすると息が詰まります。親が弱っていると巻き込みやすくなります。親が元気なら巻き込めません。共依存の治療が大切です。

⑥昔のことがあったから今があります。過去に戻るのではなく、今からの人生を作りましょう。

「昔に戻ったみたいでうれしい。」などと喜ばないようにしてください。本人にとってはクスリを使い前でも昔は苦しかったのです。家族は手のひらにのった子どもに戻ってほしいだけです。戻ったらもっと状況は悪くなります。
共依存は代々学んでいく病気です。依存症の問題が起こらなければ普通の家族です。

⑦本人の遊ぶ時間、自分の遊ぶ時間を持つ。

共依存とは、自分を犠牲にして相手をコントロールしたいという悪循環に入り込みます。親が元気になること、親が自分を大切にすることで本人の回復につながっていきます。笑っているほうが本人も絡みにくいと感じます。家族会は自分たちの勉強の場です。家族会に出ることで本人への影響もあります。

⑧イネイブリングしないでください。

「イネイブリング」とは、本人のクスリを使う手伝いをすることです。やめてほしいと思っているのに、本人のためによかれと思ってしたことが、クスリを使う環境を作っています。家族が困っていることを伝えてください。黙っていると本人には都合がよくなります。親がいなくなっても生きていけるように、責任を持たせることが大切です。親は罪悪感を抱えてしまいますが、小さいことから始めてください。

⑨本人に責任を持たせることが本人の変わるチャンスになります。

家族も過去に生きず、前を向いてください。本人を苦しませたくないと家族は思ってしまいますが、本来、責任を取ることは苦しいことです。

⑩クリーンがあってもきちんと境界線を作りましょう。

しかし、罰としての境界線は作らないでください。問題が遠のくと境界線はぼやけます。大変な時は境界線が引けますが、家族はアッという間にもとに戻ります。自分だけで判断しないようにしましょう。お互い納得できない境界線は罰と感じます。

⑪経済的なサポートをしない。

治療に当たるもの以外は、お金のやり取りはしないでいましょう。

⑫本人の病気の恐ろしさを忘れないでください。

最悪だった時のことを記憶に残しておきましょう。おびえる必要はありませんが、あそこに戻らないように家族会に継続して参加してください。

家族が直接できることはありませんが、間接的に回復に向かうようにはできます。

いつものように軽快なお話で、大切な12項目を聴かせていただきました。あの時点には戻りたくないと、苦しんできた家族なら誰しも思うことですね。仲間とともに、語り合いながら回復の道を進んでいきたいと切に願った研修会でした。

2022年2月27日(日)第7回「薬物依存症者と家族 オープンセミナー」

 

基調講演:神奈川県立精神医療センター副院長小林桜児先生

第7回となった横浜ひまわり家族会のオープンセミナーです。コロナウイルスまん延防止重点処置期間中でしたが、会場には100名ほどの参加がありました。Zoomでの参加は120名もあり、会場とオンライン参加者・講師の先生と繋ぎ、多くの方にメッセージを届けられたと思います。

 まずは家族からの体験談でした。Mさんは50代の息子さんの薬物問題に悩んで家族会に参加されました。刑務所から出所するときに、ダルクへの入寮か、病院に行くかの選択を息子さんに求めましたが、息子さんは「働きたい。」と…自分の考えにはなかった選択肢を息子さんが選んだことに困惑されましたが、母が敷いたレールではない人生を歩み始めた息子さんを応援するまでの過程を、心を込めて語られました。
 本人体験談は、ロンさんでした。何度かロンさんの体験談を聴いてきましたが、表情がとても穏やかになっている印象を持ちました。「不安」という言葉を知らない、そんな気持ちを誰かに言ってはいけないと思いながら生きてきたと話されていました。今、スタッフとしてダルクで生活しているが、スタッフでいることで自分が助けられているということに感謝したいとのことでした。
 もうお一方の本人体験談はK-GAPの近藤氏でした。発達障害を持っていて、学校での生活がとてもつらかったとのことでした。自分でも動いてしまう原因がわからなかったし、ぜんそくがあって夜も安心して眠れない生活、母からは生まなければよかったと言われ、居場所がなかったと話されていました。お話の最後に、「インナーチャイルドワーク」をしてくださいました。

 今回は、久しぶりに神奈川県精神医療センターの小林桜児先生の基調講演でした。
「依存症患者をどう理解し、治療につなげるか?―家族の対応について―」
従来は依存症の説明として、遺伝的要因と環境的要因が絡み合って依存症になると言われてきました。発達障害を持っていたり好奇心・興味本位ではじめたり、害に対する知識の欠如などによるものと認識されてきた部分が多かったのですが、果たしてそうなのか?社会的に地位のある議員や教員、果ては医師などおそらく知識が欠如しているなどとは縁遠い人たちにも依存症になる人はいます。社会的地位や名声をなげうっても止められない「依存症」とは、一体何なのかということを丁寧に説明されました。
小児期の逆境体験が心理的孤立を生み、依存症との接点を作りだす可能性に触れていました。薬物に頼ることで心理的孤立が改善され、それが習慣化していく、つまり報酬的効果が本人にとって大きくなります。
 依存症は本人にとって溺れかかったときの浮き輪のようなものであり、依存症の症状は自己調節機能障害=「感情の海」を上手に泳げないことだと言います。無理に浮き輪(薬物やアルコール)を取り上げても、別のもの(他の薬物やギャンブル)にしがみつくだけで解決にはならない、解決していくためには泳ぎ方を覚えていくしかないのだと。
 小林先生は、依存症を信頼障害という仮説に立って、分析を進めています。その立場から治療を考えると、まず依存症の重症度を下げる視点に立ち、人を頼れるようになって不信感を減らすなどの取り組みをしていくことが大切だとのことです。すぐにやめられなくても害を減らして行くことを目指し、受容や共感の体験を積んでいければよいと考え治療にあたっています。
 まずは家族間のコミュニケーションを改善していくこと、行動変容を強化していくこと、距離をとるなどを経て、家族自身の生活も守る必要があります。
 本人を治療につなげるには相当な労力が必要です。家族が先に相談に繋がり行動を変化させることで、突破口が見つかることもあります。本人の回復に振り回されずに家族自身が楽に生きる方法を模索していくことが重要ですと締めくくられました。

 小林 桜児先生の依存症に関するYouTube動画もアップされています。何かの折に観て心を軽くするのもよいのではないでしょうか。

Q&Aセッションでは、まだダルクにつながっていないご家族や保護司、ZOOM参加者からも質問を受けて活発な質疑応答ができ、時間が短いとのアンケート回答も頂きました。
ZOOM講演も4回目となり定着した感があります。神奈川県外から北海道・沖縄までで大変盛況となりました。
今後もニューノーマルのイベントとして、ZOOMオンラインを併用したオープンセミナーで、依存症家族以外の援助者・一般参加者へも啓発を図っていきたいと思います。

2月24日(日)第4回「薬物依存症者と家族オープンセミナー」を開催しました。

薬物依存症は病気です。〜家族が笑顔を取り戻すために〜をテーマに、 横浜ひまわり家族会のオープンセミナーも第4回になり154名の参加がありました。今回は家族の体験談や依存症本人の体験談、そして茨城県立こころの医療センター前副院長の中村惠先生をお招きし、[薬物依存症とその周辺ー重複障害などー]と題して基調講演をしていただきました。

まずは家族の体験談として、依存症の問題を抱えたパートナーについて話してくださったのは、まりさんです。パートナーの依存症をなんとかしなければと思い、お金の管理や本人の居場所の確認など全てを抱えてしまったこと、そして依存症について勉強していく中で「ほおっておく」ことがやっとできるようになってきたことなどご自身の変化を中心に話されました。

「言葉は少なく示すこと」「ひとりで抱え込まないことが大切、それは本人も家族も」と締めくくってくださいました。

二人目の家族体験談はジュンさんです。薬物の問題に直面したのは、息子さんがまだ高校生の時。ジュンさん自身がその問題を否認してしまい、なかなか回復にのっていかなかったけれど、「手を放す」ことをし始めたら、事態が動き始めたことなどを話してくださいました。退寮し、一人暮らしを初めて3年、順調に回復と言いたいけれどいろんなことが起こっていくとのことです。しかし、本人の生き方と自分の生き方は別、「ゲシュタルトの祈り」をいつも心に浮かべて、自分の回復、本人の回復に向かっていきたいとのことでした。

本人体験談は日本ダルクのスタッフTさんです。なぜ依存症になってしまったのか?考えていくと「自分の問題をすべて母のせいにして生きてきた。厳しい母の下、自分がこうしたいと言えずに反発をしていた。薬物を使ったからこうなったのではなく、薬物以前から抱えていた問題が多かったと感じているとのことです。ダルクのプログラムは、「恨みを感謝に変えていくプログラム」であり続けていかないと元の生き方に戻ってしまうと話されていました。薬物は一人じゃ止められない。止めてから自分の人生をやり直している。この病気のおかげで気付くことがあったと家族に言われたことが心に残っているそうです。

基調講演は中村先生です。精神障害者の自立支援施設を開いたり、茨城県の薬物依存症対策システムを作り、「IARSA」(NPO法人茨城依存症回復支援協会)を立ち上げ、精力的に薬物問題に取り組んでおられます。

基調講演のテーマは「薬物依存症とその周辺~重複障害など~」でした。

「薬」を止めたら生きるのがつらい人。外来患者の半数以上は「薬」以外の問題を抱えており、そちらに焦点を当てていかなければ「薬」も止まらない場合が多いとのことです。職業や生き方を変えればなんとかなる人もいます。回復施設などのプログラムを受け続けても効果が見られず沈殿してしまう人も多くいます。

「時代に合わないという問題をベースに持つ薬物依存症者」は薬を止めると問題が周囲にばれてしまうなど、薬を止めても働けないことが多く、ひきこもりに通じる問題となってしまうことがあるそうです。

「そもそも、ひきこもりはそんなに悪いのか?」出発点のこの状態を大切にしてあげることが、死なないための選択であり、何かが生まれるとしたら、そこからしかないとのことです。専門家は大人の自閉症にまで手が回らないことが多いが、日常生活から見守っていき、少人数のグループのプログラムを受けることで、他者の様子がわかり、家族とも少しはうまくやっていけることがあると言います。

自分の問題の何がわかればいいのか?本人がどう生きれば楽しく幸せなのか、個別に寄り添い支援していくことが大切です。

回復施設でどんな人が沈殿していくのかというと、薬物使用による後遺症や慢性の中毒、統合失調症などの重複障害を持っている、時代に合わないベースを持っている人など、いろいろなケースがあります。「IARSA」は回復施設的な要素と、精神障害者の施設的な要素、社会復帰支援の要素があるとのことです。どんな人が、どう支援をすれば、いかように生きていけるか、わかっていく場所であり、そこで何ができるかは、メンバーが教えてくれて、支援自体も進歩してく場です。もっと多く「IARSA」のような施設が出来るようにしていきたいとのことでした。

家族としても重複障害の問題に向き合うことも多いので、是非応援していきたいと思いました。

Q&Aセッションでは会場からの質問もあり、依存症本人や施設スタッフ、中村先生からアドバイスをいただきました。

1月26日 家族研修会 

今回の研修会は、神奈川県立精神医療センターのケースワーカー井上恭子先生をお招きしました。井上先生は長年、薬物依存症に関わってこられており、家族支援のスペシャリストといっても過言ではないような方です。横浜ひまわり家族会としても何年にもわたり研修会をしていただいています。

研修会のスタートは、ウォーミングアップとして十数名の家族会のメンバーが前に出て、自分の緊張度を並び順で表現したり、困り感を表現したりしました。メンバーの気持ちがほぐれたところで、軽快な井上氏の話がスタートしました。

まずは精神医療センターでのプログラムの紹介をしてくださいました。薬物依存症になってしまう人の多くは「過剰適応」をしてしまう人だと言います。

「断れない」そもそも「断るという感情が分からない」・・・そんな自分の本当の感情に気づいていくことが大切で、そのためのプログラムをグループで行っています。いろんな事に自分を合わせていくために「薬」が必要だったということです。

医者は「患者の病気」を診ます。心理士は心の問題・作業療法士は行動面・ソーシャルワーカーは色々な社会資源につなぐためのアセスメント・経済状況や収入・生活のキーパーソンや家族関係などを担当するそうです。問題の解決には、家族への支援も重要になります。

私たち家族は、一番に困るのは本人を治療に繋げること、そしてその後の生活をどう支援していくかということです。福祉サービスの利用や就労支援など、家族だけでは出来ないことが沢山あります。そんな時には家族が気軽に相談できる場所を知っておくことも大切です。

研修会当日は、参加者から質問されたことにも快く応えていただきました。家族として、本人の回復を考え、つらい選択をせざるをえないことも多々あります。後悔することもあるかもしれないけれど、その時のベストの選択をしていくしかありません。家族の力はすごく大事です。

決めたら実行する強さも持たないといけません。

そんな時もひとりで悩まず家族会の仲間と手を取り合って進んでいくことが大切だと教わりました。

11月24日(土)家族研修会

今回の研修会は、横浜保護観察所の統括保護観察官の林 京子さんをお招きして、「一部執行猶予と薬物事犯者の処遇について」というテーマでした。

まず、「更生保護」とは何かということについてお話がありました。「犯罪を犯した者及び非行のある少年に対し、社会内において適切な処遇を行うことにより、再び犯罪をすることを防ぎ、またその非行をなくし、これらの者が善良な社会の一員として自立し、改善更生することを助けるとともに(中略)犯罪予防の活動公共の福祉を増進することを目的とする。」ということです。わかりやすく表現すると、犯罪を犯してしまった人も地域社会で生きていけるようにするということでしょうか。

そして「保護観察」とは、犯罪を犯したひとや非行のある少年が健全な社会の一員として更生するように実社会の中で保護観察官と保護司が協働して指導・監督・補導援護を行う制度です。保護観察を言い渡された人は、ボランティアである保護司と定期的に面談をし、地域での生活を支えてもらうと表現すると理解しやすいでしょうか。

「刑の一部執行猶予制度」により、保護観察に付されている期間が長くなり、社会内処遇の時間が確保されるようになりました。保護観察の間に、薬物再犯防止の教育プログラムを受けることが出来ます。薬物事犯者は再犯率が高く、刑を執行されるだけでは、抑止しにはならないことはもはや、周知の事実です。保護観察官と保護司による指導では、直接会い、本人の状況を知ることや約束ごとを守るように働きかけ、専門的なプログラムを実施しています。

薬物に問題のある人は、自尊感情が低い人が多いように感じるとのことです。保護観察を通じて、話しあう事ができる関係作りや、問題を相談して解決するという体験を積むことや、自分が大切に思われる経験をし、自尊感情が持てるようになること、必要な支援に繋がり続け、生きづらさを共有して問題解決に関する知恵を習得できるようになることが目標だそうです。NAやダルクなどにつながり、仲間とともにいることで生きづらさが少しでも楽になれるといいですね。薬物依存から脱するためには当事者に会い、回復していくその姿を感じることが大きな希望になると思います。保護観察が終わってからも、居場所があり相談相手がいることはその後の人生に大きなプラスになります。

薬物再乱用防止プログラムでは、簡易薬物検出検査と教育課程がセットで実施されます。コアプログラムとステップアッププログラムがあり、特性ン合わせた内容となっています。保護観察終了まで受講することになります。

家族の理解も大きな支援になるので、家族自身も支援機関に繋がることは大切です。

家族も「依存症」について勉強しなければいけませんが、保護観察所では引受人会で学習する機会があるとのことです。

保護観察の中で大きな役割を果たす保護司ですが、「依存症」を学ぶ機会があまりないということを、横浜ひまわり家族会のフォーラムなどで感想があがります。是非、学習の機会を作っていただきたいと思います。

そして保護観察の後、どう生きていくのか。福祉的な援助が必要になります。福祉や厚生労働省を巻き込んで社会のシステムをしっかり作ってほしいとの熱い思いと要望がでて終了となりました。

 

 

2018「秋の公開講座」第2回目11月4日(日)「家族が元気になる“動機づけ面接”」

講師:原宿カウンセリングセンタ〜臨床心理士・精神保健福祉士

高橋郁絵先生

テーマ 「共感ってどうするの?」

「困った時の一言は」

まず、「是認」とは何か?「上からの目線ではなく、同じ目線で相手の強みや努力などを認め、言葉にして伝えること」が大切です。また、1回目の研修会でも学んだように、本人は家族が正したくなることをいろいろ行います。その時に家族がやってしまいがちなのは「間違い指摘反射」です。その心理の裏側には、家族が感じる不安だということです。「間違い指摘反射」の抑制には、「本人が本当に言いたいことは心の奥にある」と言う事を知っているだけでも反応しないでいられるようです。本人と話す中で、すぐに言いたくなる言葉・例として「私だって知ってるよ」や「あなたのことを考えているからこそ心配なのよ」などはNGワードです。相手の気持ちを想像して伝えてみる、すなわち共感の言葉をかけることで、関係性は大きく変化します。声の調子や語尾を少し落として話すなど、練習をすることもできることです。今回はグループになって「聞き返し」の練習をやってみました。語尾を下げ、言いきらないことで、押しつけ感が弱まり、話が続いて行きます。「言い方ひとつで行動の未来が変わる」これは私たち家族にとって、非常に大きな変化を呼び込むものではないでしょうか。

本人の話を聴くためには、話のどこに注目していくのかも大事なスキルになります。相手が変化したい気持ちをうまくくみ取って話すことが大切になります。本人も気づいてない気持ちを引き出すきっかけになるかも知れません。

例えば、「親のせいで人生が台無しになった。俺の人生を返してくれよ。そうしたら酒だってかんけいなくなるだろ!とりあえず金をくれ!」に対して、怒らず落ち着いて「本当はお酒じゃなくてもっと違う人生を歩きたかったんだよね。」などかなりハードルが高いですが、言えるといいですね。

話を聞きながら共感していくことで本人の落ち着きを引き出せる可能性もあります。ただ家族はいろんな問題に巻き込まれてきたので、まずは自分が落ち着けるようにすることが大切ですね。

研修会では、「言われて困る一言」への対応や共感の言葉をグループで考えました。例えば、「俺なんかいなくなった方がいいんだろう。」と言われたとします。みなさんはどう答えますか?「そんなこと思ってないよ。」でしょうか?それとも売り言葉に買い言葉で「そうだよ。あんたなんかいなくていいよ・」と言ってしまうでしょうか?難しいところですが、裏にある気持ちを汲むと、「にくまれていると感じてるんだね。」とか、立場がなくて苦しんだよね。」などが言えるといいですね。

家族が本人に言いたいことがあっても、本人に聞きいれる心のスペースがなければ言っても本人の気持ちには入らないということも学びました。そのスペースを作るための作業が「共感」していくことだそうです。

家族や当事者の体験談も、大切な言葉が散りばめられていて心に響くものでした。

日々の生活の中でコミュニケーションスキルを身につけていけるようにしたいですね。仲間とともに歩く・・・その第一歩でしょうか。

2018「秋の公開講座」第1回目10月7日(日)「家族が元気になる“動機づけ面接”」

テーマ「やりがちな失敗とアドバイスの仕方」

講師:原宿カウンセリングセンター 臨床心理士・精神保健福祉士 高橋郁絵先生

今日は、2018「秋の公開講座」第1回目を開催いたしました。
原宿カウンセリングセンターのカウンセラーで臨床心理士・精神保健福祉士である高橋郁絵先生をお招きして、「家族が元気になる“動機づけ面接”MIFTのワークショップ」第1回の学習会をしました。
「動機づけ面接」とは、説得するのではなく、本人の内側にある行動を変えたい気持ちを本人に共感しながら引き出していく面接の仕方。例えば、空っぽのグラスに他者から動機なるものを注がれるのではなく、深い井戸から本人の本当の気持ち・動機をくみ上げていくイメージを持つとわかりやすいでしょうか。
そのために、援助者や家族はどういう会話の方法を身に着けていくとよいのかが今日の勉強の中心でした。

まず、一番に注意をしなければならないのは、「間違い指摘反射」だそうです。この原因は正しいことを教えないと失敗するかも・知らないまま不幸になるかもと思ってしまうことや、私が正しいことを知っていることを示さなければいけないと思っていることや、ここで相手の言うなりになったら大変なことになるなど、自分の中にある価値観です。

自分の不安を自分で抱えられるようになると相手の気持ちを想像できるようになります。そうでないときは自分が安心できる言葉を相手に言わせたくなってしまいます。自分で自分の不安を抱えられるようになるためには、トレーニングが必要になります。

トレーニングとして、最悪の状況を想像してみることや、深呼吸などの呼吸法、ストレッチなど気持ちを楽にする方法などがあります。また今日はやっているマインドフルネスなども湧いてきた考えと距離をとるのに役立ちます。
「間違い指摘反射」を抑制するには「不安や怒りと大切なものは表裏一体であることや相手の言葉や行動は気持ちのほんの一部に過ぎず、氷山の一角であることに気づくことも大切になります。

またアドバイスにもお作法があることを学びました。援助者や家族が話すときに聞いてもらえるかを尋ねてみることや、本人の知っていることを聞いてみる・アドバイスをしたら理解や感想を聞いてみるなどです。一方的に押し付けるのではなく、また本人が聞く気持ちになっているかどうかも成果に大きく影響することを学習しました。

みんなでワイワイとワークをしながらの今回の研修会は、自分のコミュニケーションの取り方を見直すよい機会になりました。2回目の研修会もぜひご参加ください。

9月22日(土)家族研修会

講師 : 国立精神・神経医療研究センター・精神保健研究所 薬物依存研究部 診断治療開発研究室長 近藤あゆみ先生

 今回の研修会は、前回に続いて近藤あゆみ先生の「コミュニケーションスキル~話すこと・聴くこと~」というテーマでお話をいただきました。

望ましいコミュニケーションのための5カ条として、

①アイメッセージ」を使う。
②相手に変化を望むときは批判をやめて明るく以来の口調で言う。
③相手の問題や苦労に理解を示す表現をする。
④明るき前向きな感情を表す。
⑤問題が起きた時は部分的に責任を受け入れる。
というものです。

・対立を減らし、お互いの境界線を越えないで話すこと
・想像力を働かせ正しく相手の話を理解すること
・前向きな感情を言葉で表現し伝えること
・喧嘩は100%相手が悪くないことを踏まえて話す努力をしていくことが、関係を悪くしないコミュニケーションです。

私たち家族は依存症に振り回されていて、当事者がまともな判断をしていないと考えがちです。確かに混乱する中で、身勝手に思える言動を変えさせようと必死になってしまいます。しかし、それでうまくいった家族はいないのではないでしょうか?
言いたいことは山ほどあります。
しかし、感情のままにぶつけても何も伝わりません。混乱がひどくなるばかりなのは、どの家族にもあったのではないですか?
混乱している当事者にも本当に理解して欲しい感情があるはずです。対立しないでその思いが聞き出せると関係が変わって行きます。そのためのツールがこのスキルを上げていくことなんだと今回の研修会で学びました。

8月26日(日)第2回「薬物依存症者と家族フォーラム」RECOVERY BRIDGE 「もっと多くの場所で多様な支援を!」をテーマに開催しました。

国立精神・神経医療センターの近藤あゆみ先生を講師にお招きし、基調講演をしていただきました。「長い回復への道のりの中で、家族はどう対応し、自身も回復していくか」というとても大きな課題をわかりやすく、丁寧にお話していただきました。

家族という社会が生まれ、成長し別のボートで人生を歩み始める。そして今度は別のボートに乗ったまま並走して生きていくという家族の旅路をイメージします。依存症という病が家族の中で発症すると、別のボートに乗っていたはずがまた同じボートに乗ってしまい、何がだれの問題で、誰の責任で解決すべきなのか?それらが混乱し、もつれて出口を見失ってしまう・・・依存症がそのように家族をこわしてしまう性質を持ち合わせていることをまず理解することが大事になってきます。

家族は誰かに問題が起こると助けなければいけないという感情を持つのは当たり前ですが、それが依存症という病にとっては、マイナスに働いてしまうという独特の軌跡を辿ってしまいます。病気を理解して、対応を学ぶという作業が必要になります。同じボートに乗ってこんがらがった問題を整理し家族間の境界線を引くことが大切になってきます。家族自身が学び、境界線を意識していくなかで、自分の課題に取り組んでいけると依存症者への理解が変化し関わり方が変わってきます。関係が変わってくるとそこで依存症者本人にも変化がでてくる可能性が生まれてきます。この関わり方の変化が大きなポイントになります。
家族も自分たちだけでは苦しいので仲間が必要です。家族会や、自助グループで仲間を作ることが重要になります。

今回のフォーラムでは、川崎ダルクを卒業したかずやさんの就労に至ったお話もありました。「ダルクのその後」治療に繋がって一時は安心しますが、その後の生活をどうしていくのか、大きな課題です。スリップを繰り返しながらも、就労にこぎつけ、また依存症者であることをカミングアウトしての就労に希望を持つことができた家族も多かったと思います。

そして、ひまわり家族会のタカさんと、ノンさんの体験談も同じ思いをしてきた家族にとって胸の痛む思いとともに希望を感じたお話でした。

さらにトークセッションの前には国立精神・神経医療センターの松本俊彦先生の「もっと多くの場所で多様な支援を!」という話題提供のお話がありました。


依存症治療は貯金ができない治療であり、繋がり続けることが大切です。依存症の治療に取り組んでいる医療機関は少ないので、「これがあればなんとか治療できるツール」としてSMARPPなどを提供してきた取り組みや、各機関で取り組むことによってザルの網目にかかり治療効果をあげられる患者が増えていくことを望んでいるなどのお話をしてくださいました。

トークセッションでは、RECOVERY BRIDGE 「もっと多くの場所で多様な支援を!」テーマに対して近藤あゆみ先生のコーディネーションで、松本俊彦先生、横浜市こころの健康相談センター、横浜保護観察所、川崎ダルク、相模原ダルク、横浜ダルク、横浜ひまわり家族会の代表が、それぞれの機関での活動を話していただき、問題の共有が出来ました。各機関で今できることを有効に生かし、できないことはできる機関につないでいけるよう垣根を越えて繋ぐことが重要であることが確認できました。
会場からの依存症当事者の方からの質問や、家族会のメンバーからの質問も上がり、登壇者と活発な意見交換ができました。
昼には川崎ダルクのエイサーの演舞もあり熱のこもった力強い太鼓が聴け、みなさん元気をもらいました。

どの参加者にも有意義な一日となった事でしょう。
これからも依存症家族の体験を通して社会に発信を続けていきたいと思います。

 

 

7月28日(土)家族研修会

講師:国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター薬物依存研究部 診断治療開発研究室長近藤あゆみ先生「家族の回復プログラム」シリーズ第1回「薬物依存症と家族」

「薬物依存症」というものが本人や家族にどう影響を与えるのか?依存症は脳がだんだん変化していき、特定の薬物に対して脅迫的に使用したり、コントロールを喪失したりする病気であること。一時的に止めることはできても止め続けることはたいへんだけど、止め続けている人はたくさんいること。優しい語り口で、わかりやすく依存症についてお話くださいました。

本人の回復に必要なものは「薬物を止める」という第一歩・「安全な生活スタイルを作る」こと、「薬物無しで幸せに生活できるためのスキルを身につける」こと。家族は一歩下がって、仲間との関係を見守ることができるように、自分自身も仲間を作って安心できることが本人と同じくらい大切です。

今回、「薬物依存症の重症度」を判断するASIという総合的な評価についてもお話されました。本人の状況が身体や精神面・社会面から判断し数字で評価することによって可視化され、段階を経て再評価することで変化がわかりやすくなるように思いました。家族会のメンバーも実際に混乱していた時期と、回復に繋がった後での評価をしてみました。驚くほど点数が少なくなっており、自分たちの回復も手に取るようにわかったようです。

家族からの話もたくさん引き出していただき、みんなで共有できたことも私たち家族にとっては大きな回復のステップになりました。