お知らせ

第3回「薬物依存症者と家族フォーラム」チラシ添付

● 日時:2019年8月25日(日)
                 12時30分〜16時30分 (12時00受付)

会場:南公会堂 南区総合庁舎3階 横浜市南区浦舟町2-33
    地図はこちら  http://www.minami-kokaido.jp

● テーマ:薬物依存症は病気です~家族が笑顔を取り戻すために~。
     『回復は仲間の中から始まる。』

● 基調講演:国立精神・神経医療研究センター 薬物依存研究所
      心理社会研究室長 嶋根 卓也 先生

「ダルク追っかけ調査」「覚醒剤事犯者の理解とサポート」などの研究成果の中から見えてきたダルクや、当事者の実像をとうして、『仲間の中での回復が、いかに重要か』を示していただき、ダルクにどう繋いでいくか、ダルク卒業後のサポート・支援のあり方、家族の対応を講演していただきます。

後半のトーク&Q&AセッションではダルクやRDP横浜、インダーなど神奈川県内のリハビリ施設や自助グループの方々に、それぞれ活動や日々大事にしていることなどをお話していただき、参加者の方が自助活動の意義について理解を深め、回復支援に役立てていただければと思います。添付のチラシをご覧のうえ、ご参加お待ちしてます。 

  • 対象/ 薬物・アルコール問題を抱えている家族や当事者、一般市民、司法、更生保護、学校関係者、行政、医療関係、援助職の方々
    ●定員/300名 ●入場料/無料  
  • 手話通訳あり。ご希望の方は8月10日(日)までにチラシ裏面の申込書にご記入の上、FAX.045-543-3880へ送信ください。
  • 主催/NPO法人横浜ひまわり家族会・横浜市障害者社会参加推進センター
  • 共催/NPO法人横浜ダルク・ケア・センター ●後援/神奈川県精神保健福祉センター・横浜市社会福祉協議会障害者支援センター・横浜保護観察所 (五十音順) 協力/(一社)空

●この事業は「横浜市受託事業」により実施しています。