6月22日(土)家族研修会

講師:群馬ダルク 代表 平山晶一氏、施設長 福島ショーン氏

今回の研修会は横浜ひまわり家族会 初の講師です!群馬ダルクの代表 平山晶一氏、施設長 福島ショーン氏をお招きしました。

ショーンさん(下のお名前でお呼びさせていただきます)は日本全国津々浦々?家族会やセミナーなどに行ったが、家族会の歴史が長い横浜ひまわり家族会だけは声を掛かけてくれず、今回やっと念願が叶った、と最初の自己紹介で私たちの笑いを取ったところからのスタートで、期待通り最後まで私たちを巻き込みながら母親やパートナーとの体験談を交えながら軽快なテンポで、本当にあっと言う間でした。

まず、平山さん、ショーンさんの体験談でした。それぞれ依存症に移行していくプロセスと回復のストーリーがありましたが、平山さんの「周りの友人も普通に大麻を吸っていたけれど、年齢が上がるにつれ普通にやめていったが、自分だけはやめることが出来なかった」は、横浜ひまわり家族会に相談にみえる家族の口から質問されることがあります。本人も“どうしてなんだろう”と思っていたのですよね。つい「周りはやめたのにどうしてあなただけやめられないの?」と責めるような言い方になって疑問をぶつけることが、本人を追い込んでいたことに気付かせられました。生きづらさを抱えていた中で、依存する薬物に出会ってしまい、一時生きやすくなったと勘違い?して使用しているうちに、今度はやられなくなってしまう・・という点はショーンさんも同様なことを話してくださいました。また回復していくきっかけは「家族が変わったこと」という話が私たち家族にとって、こころに大きく響きました。

その後、スライドで“本人のためにできること”を一つひとつ解説し、また一つひとつそれぞれ体験談を交えて語っていただきました。

・本人が大きな病気になったときのように接すること(大きな病気だと分かるとその病気のことを勉強したり、病気に良くないことは遠ざけたりする)

・常に本人と自分の依存症に関する病気と回復の勉強をすること

・本人に昔話や説教をしない、他者と比較した話をしない

・安全な環境が必要で、薬物等依存になるきっかけを与えない(本人の前でお酒を飲む等NG)

・本人が家にいるなら、ミーティングに行く時間を与える等、自分の時間は認めてあげる(ルールは必要)

・過去を懐かしむのではなく、これからの人生を作っていくこと

・自分の遊ぶ時間を作る

・本人が負うべき責任を肩代わりしない(イネーブリングしない)

・マイナスの経験をさせることが本人の変わるチャンスになる

・たとえクリーンが続いていても、互いに納得した境界線を作り、それは守る

・経済的なサポートはしない(どうしても必要な時でもお金は渡さない)

・病気の恐ろしさを忘れないこと

などの話はすべて大変に分かりやすく納得できたものばかりでした。平山さんはにこやかに落ち着いた語り口調、ショーンさんからは手ぶり身振りで軽快な語り口調と、コンビネーションも良く、楽しかったです。

それと。ときどき質問も飛んでくるので集中して聞かないと慌ててしまうことにもなり、程よくハラハラする時間でもありました。ちなみにわたしは「依存症は病気だと言われだしているものの、“意思が弱いだけでしょう”などと、どうしても世間に認知されないのはなぜでしょうか」と質問され、ドギマギしてしまいました。「血液検査に出ないから」とある家族の方が発表してくださり、ピンポンと正解でした。レントゲンでも、心電図でも出ないので、病気という認識が持てないというのは、本人も同様なのだろうな、と改めて思いました。

また「昔はかわいかったのよ」など、何気ない親の言葉が傷つくと聞き、世間話のようにしてきたかもしれないと、どっきりしました。

家族が陥りがちなこと、家族としては気付かなかったことを話していただいたので、すべてが家族会の皆さんにとって関心が大変高い内容での研修会でした。家族からの質問も止まらず時間が足りなかったほどでした。終了後私たち世話役に寄せられる家族の皆さんの声は「とっても良かった!!」という声ばかりでした。平山さん、ショーンさん、ありがとうございました。また横浜ひまわり家族会に是非来ていただきたいと思っています!

 

5月25日(土)家族研修会

講師 日本がルク代表 近藤恒夫氏

アパリ弁護士 高橋洋平氏

今回の研修会は「ダルク」の創始者である近藤恒夫氏をお招きしお話を伺いました。近藤氏は1985年に薬物を断ってから34年に渡りクリーンであられるとのことです。

「ダルク」は組織化することなく必要なところで出来ていった、まるでタンポポの綿毛が飛んで落ちたところに芽が出るように増えていっている・・・そんな表現をされていました。

「ダルク」は増えていってもその活動をサポートする人を増やしていかないといけない。そのためには社会的に信用のある人を巻き込んで支える体制を作って行きたいとのことでした。

昔の薬物依存症者は暴走族など反社会的な人たちが多く、亡くなって行く人も多かったそうです。現在はおとなしいひきこもりタイプが多いとのことです。

「ダルク」は人と群れる練習の場と捉えて、友達が作れる場として機能しています。「ダルク」の人たちは学校にあまり行けなかった人や、辞めてしまった人も多く、学び直しの場をこれから作っていきたいと考えているそうです。「ダルク教育支援財団」を作ってスマホなどで新しい学びの場を提供していき、薬物で崩れた人生を取り戻せるようにしたいと熱く語っておられました。

今回はアパリの弁護士・高橋洋平氏も来てくださいました。弁護士というと硬いイメージがあり、前に立って引っ張って行くという姿勢でいるとうまくいかないことが多かったそうです。少し斜め前をゆっくり歩くイメージでいるように心がけているそうです。治療に繋げていく過程では、本人が何を求めているのかを知ることが大切で、粘り強く関わっていけるように心がけていらっしゃるとのこと。同じ目線で話せるよう努力をされているそうです。

借金問題は多くの人が抱えています。普通は借りたら返すという感覚が身についていて当然なのですが、それができなくなって破たんしていきます。家族も本人もメリットやデメリットをよく知ってから解決に当たれるとよいと思います。自己破産などデメリットも大いにあることを知っておくことも大事です。

「刑の一部執行猶予」が実施されているが再犯率も大きく変わらないとのことです。刑法ではない方法で薬物依存症の問題を考えていかないといけないと話されていました。法務省管轄の自立準備ホームも3~6か月は利用できるがそのあとをどうするのか、全く連携が取れていないといいます。何度も刑務所の入ると社会復帰はどんどん難しくなります。病気という側面をいかに考慮して裁判をしているのか、もっと訴えていかなければいけないと思っているということでした。

研修会の後には、個別相談にも応じていただきました。

4月27日(土) 家族研修会

昨年度からお呼びしたいと熱望していた、一般社団法人相模原ダルクの代表理事 田中秀泰さんが横浜ひまわり家族会の研修会に来ていただきました!

依存症者の回復を考え相模原ダルクを創設している立場ですが、精神保健センターや病院を通して回復していくことを目指している、ダルクに来るのは最終的な段階というお話から始まり、田中さんの熱い思い、考えを反映した相模原ダルクの施設の概要をスライドも含めて語っていただきました。

施設での取り組みではステージ制を取り、目標を持ち、メリハリをつけ入寮者にモチベーションを高められるようにしていること、社会復帰のプログラムを取り入れ卒業式、修了式で次のステップに送り出すようにしている、ということを伺い、画期的だと感心しました。

また

・その人に合うダルク、合わないダルクがあるだろうから一つのダルクと固定概念を持たなくてもよい。

・今まではダルクのやり方に家族が合わせていたかもしれないが、これからはダルクが家族に合わせていくことも考えないとならない。

・家族会ではハイヤーパワーにお任せする、というより具体的に考えていくことが良い。

・辛くないダルクを作っていきたい。今の時代に合わせておしゃれで清潔な場所に変えることで「行ってみても良いかな」と思って頂けるようにダルクも変わらないと、と思う。

・依存症は再発する病気であり、一つの依存が解決できても別の依存に変わっていくことがある、依存症から離れられたとしてもイライラする、ぼーっとする等長期離脱症状(ポーズ)が長い人で数年続くことがある、頭のてっぺんからつま先まで文化をすべて変えていくことが大事である、ということ。

等すべてが感心するお話でした。

個人的に心に響いたのは薬物の乱用期での介入を目指しているという精神保健センターや病院との取り組みでした。「乱用期に介入して依存状態にならないようにする」の言葉を聴き、10年数年前に田中氏がこの取り組みが進められていたら・・と少し地団駄を踏む思いがあります。次男の薬物を始めたと分かったとき、すぐに数か所問い合わせをして、依存症にならないようにしたい、何とか介入できないかと訴えましたが、その当時は「今は出来ない。病院やミーティング等に行くことはむしろより薬物に興味を持つかもしれない」等言われ、一人で乱用をやめさせようと躍起になりました。結局次男は順調に?依存症に移行していっただけでなく、精神障害も併発し、重複障害でより一層事態が難しくなってしまいました。乱用段階での介入を行う取り組みが全国に広がっていくことを望みます。