2018「秋の公開講座」第1回目10月7日(日)「家族が元気になる“動機づけ面接”」

テーマ「やりがちな失敗とアドバイスの仕方」

講師:原宿カウンセリングセンター 臨床心理士・精神保健福祉士 高橋郁絵先生

今日は、2018「秋の公開講座」第1回目を開催いたしました。
原宿カウンセリングセンターのカウンセラーで臨床心理士・精神保健福祉士である高橋郁絵先生をお招きして、「家族が元気になる“動機づけ面接”MIFTのワークショップ」第1回の学習会をしました。
「動機づけ面接」とは、説得するのではなく、本人の内側にある行動を変えたい気持ちを本人に共感しながら引き出していく面接の仕方。例えば、空っぽのグラスに他者から動機なるものを注がれるのではなく、深い井戸から本人の本当の気持ち・動機をくみ上げていくイメージを持つとわかりやすいでしょうか。
そのために、援助者や家族はどういう会話の方法を身に着けていくとよいのかが今日の勉強の中心でした。

まず、一番に注意をしなければならないのは、「間違い指摘反射」だそうです。この原因は正しいことを教えないと失敗するかも・知らないまま不幸になるかもと思ってしまうことや、私が正しいことを知っていることを示さなければいけないと思っていることや、ここで相手の言うなりになったら大変なことになるなど、自分の中にある価値観です。

自分の不安を自分で抱えられるようになると相手の気持ちを想像できるようになります。そうでないときは自分が安心できる言葉を相手に言わせたくなってしまいます。自分で自分の不安を抱えられるようになるためには、トレーニングが必要になります。

トレーニングとして、最悪の状況を想像してみることや、深呼吸などの呼吸法、ストレッチなど気持ちを楽にする方法などがあります。また今日はやっているマインドフルネスなども湧いてきた考えと距離をとるのに役立ちます。
「間違い指摘反射」を抑制するには「不安や怒りと大切なものは表裏一体であることや相手の言葉や行動は気持ちのほんの一部に過ぎず、氷山の一角であることに気づくことも大切になります。

またアドバイスにもお作法があることを学びました。援助者や家族が話すときに聞いてもらえるかを尋ねてみることや、本人の知っていることを聞いてみる・アドバイスをしたら理解や感想を聞いてみるなどです。一方的に押し付けるのではなく、また本人が聞く気持ちになっているかどうかも成果に大きく影響することを学習しました。

みんなでワイワイとワークをしながらの今回の研修会は、自分のコミュニケーションの取り方を見直すよい機会になりました。2回目の研修会もぜひご参加ください。

9月22日(土)家族研修会

講師 : 国立精神・神経医療研究センター・精神保健研究所 薬物依存研究部 診断治療開発研究室長 近藤あゆみ先生

 今回の研修会は、前回に続いて近藤あゆみ先生の「コミュニケーションスキル~話すこと・聴くこと~」というテーマでお話をいただきました。

望ましいコミュニケーションのための5カ条として、

①アイメッセージ」を使う。
②相手に変化を望むときは批判をやめて明るく以来の口調で言う。
③相手の問題や苦労に理解を示す表現をする。
④明るき前向きな感情を表す。
⑤問題が起きた時は部分的に責任を受け入れる。
というものです。

・対立を減らし、お互いの境界線を越えないで話すこと
・想像力を働かせ正しく相手の話を理解すること
・前向きな感情を言葉で表現し伝えること
・喧嘩は100%相手が悪くないことを踏まえて話す努力をしていくことが、関係を悪くしないコミュニケーションです。

私たち家族は依存症に振り回されていて、当事者がまともな判断をしていないと考えがちです。確かに混乱する中で、身勝手に思える言動を変えさせようと必死になってしまいます。しかし、それでうまくいった家族はいないのではないでしょうか?
言いたいことは山ほどあります。
しかし、感情のままにぶつけても何も伝わりません。混乱がひどくなるばかりなのは、どの家族にもあったのではないですか?
混乱している当事者にも本当に理解して欲しい感情があるはずです。対立しないでその思いが聞き出せると関係が変わって行きます。そのためのツールがこのスキルを上げていくことなんだと今回の研修会で学びました。

8月26日(日)第2回「薬物依存症者と家族フォーラム」RECOVERY BRIDGE 「もっと多くの場所で多様な支援を!」をテーマに開催しました。

国立精神・神経医療センターの近藤あゆみ先生を講師にお招きし、基調講演をしていただきました。「長い回復への道のりの中で、家族はどう対応し、自身も回復していくか」というとても大きな課題をわかりやすく、丁寧にお話していただきました。

家族という社会が生まれ、成長し別のボートで人生を歩み始める。そして今度は別のボートに乗ったまま並走して生きていくという家族の旅路をイメージします。依存症という病が家族の中で発症すると、別のボートに乗っていたはずがまた同じボートに乗ってしまい、何がだれの問題で、誰の責任で解決すべきなのか?それらが混乱し、もつれて出口を見失ってしまう・・・依存症がそのように家族をこわしてしまう性質を持ち合わせていることをまず理解することが大事になってきます。

家族は誰かに問題が起こると助けなければいけないという感情を持つのは当たり前ですが、それが依存症という病にとっては、マイナスに働いてしまうという独特の軌跡を辿ってしまいます。病気を理解して、対応を学ぶという作業が必要になります。同じボートに乗ってこんがらがった問題を整理し家族間の境界線を引くことが大切になってきます。家族自身が学び、境界線を意識していくなかで、自分の課題に取り組んでいけると依存症者への理解が変化し関わり方が変わってきます。関係が変わってくるとそこで依存症者本人にも変化がでてくる可能性が生まれてきます。この関わり方の変化が大きなポイントになります。
家族も自分たちだけでは苦しいので仲間が必要です。家族会や、自助グループで仲間を作ることが重要になります。

今回のフォーラムでは、川崎ダルクを卒業したかずやさんの就労に至ったお話もありました。「ダルクのその後」治療に繋がって一時は安心しますが、その後の生活をどうしていくのか、大きな課題です。スリップを繰り返しながらも、就労にこぎつけ、また依存症者であることをカミングアウトしての就労に希望を持つことができた家族も多かったと思います。

そして、ひまわり家族会のタカさんと、ノンさんの体験談も同じ思いをしてきた家族にとって胸の痛む思いとともに希望を感じたお話でした。

さらにトークセッションの前には国立精神・神経医療センターの松本俊彦先生の「もっと多くの場所で多様な支援を!」という話題提供のお話がありました。


依存症治療は貯金ができない治療であり、繋がり続けることが大切です。依存症の治療に取り組んでいる医療機関は少ないので、「これがあればなんとか治療できるツール」としてSMARPPなどを提供してきた取り組みや、各機関で取り組むことによってザルの網目にかかり治療効果をあげられる患者が増えていくことを望んでいるなどのお話をしてくださいました。

トークセッションでは、RECOVERY BRIDGE 「もっと多くの場所で多様な支援を!」テーマに対して近藤あゆみ先生のコーディネーションで、松本俊彦先生、横浜市こころの健康相談センター、横浜保護観察所、川崎ダルク、相模原ダルク、横浜ダルク、横浜ひまわり家族会の代表が、それぞれの機関での活動を話していただき、問題の共有が出来ました。各機関で今できることを有効に生かし、できないことはできる機関につないでいけるよう垣根を越えて繋ぐことが重要であることが確認できました。
会場からの依存症当事者の方からの質問や、家族会のメンバーからの質問も上がり、登壇者と活発な意見交換ができました。
昼には川崎ダルクのエイサーの演舞もあり熱のこもった力強い太鼓が聴け、みなさん元気をもらいました。

どの参加者にも有意義な一日となった事でしょう。
これからも依存症家族の体験を通して社会に発信を続けていきたいと思います。

 

 

7月28日(土)家族研修会

講師:国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター薬物依存研究部 診断治療開発研究室長近藤あゆみ先生「家族の回復プログラム」シリーズ第1回「薬物依存症と家族」

「薬物依存症」というものが本人や家族にどう影響を与えるのか?依存症は脳がだんだん変化していき、特定の薬物に対して脅迫的に使用したり、コントロールを喪失したりする病気であること。一時的に止めることはできても止め続けることはたいへんだけど、止め続けている人はたくさんいること。優しい語り口で、わかりやすく依存症についてお話くださいました。

本人の回復に必要なものは「薬物を止める」という第一歩・「安全な生活スタイルを作る」こと、「薬物無しで幸せに生活できるためのスキルを身につける」こと。家族は一歩下がって、仲間との関係を見守ることができるように、自分自身も仲間を作って安心できることが本人と同じくらい大切です。

今回、「薬物依存症の重症度」を判断するASIという総合的な評価についてもお話されました。本人の状況が身体や精神面・社会面から判断し数字で評価することによって可視化され、段階を経て再評価することで変化がわかりやすくなるように思いました。家族会のメンバーも実際に混乱していた時期と、回復に繋がった後での評価をしてみました。驚くほど点数が少なくなっており、自分たちの回復も手に取るようにわかったようです。

家族からの話もたくさん引き出していただき、みんなで共有できたことも私たち家族にとっては大きな回復のステップになりました。

6月23日(土)家族研修会

講師:マロニエ医療福祉専門学校の医療学科の渡邉厚司先生

テーマ 「回復と成長(新しい生きかた)を「今日一日」踏み歩むための道具としての~12のステップ~」

いつもの優しい語り口でお話をしていただきました。

私たちが生活をしている社会は産業革命以降、有能で有用なことが優先され、人間としての価値が商品として捉えられるようになりました。そんな社会を生き抜くためには、気分の変容を求めるしかなくなり、それに貢献したものは感覚を麻痺させるアルコールだったということです。依存症をユングは「魂の病」と呼びました。

私たちの生きる社会は、「存在しているだけで素晴らしい」という感覚を持てない意識構造を生み出してきました。「自分を承認できない」ことが、感覚を麻痺させることを必要とし、コントロールを失っていくひとが多くなってしまったということです。

回復していくためには、まず土台である人との関係を創っていくこと、それにはありのままの自分を受け入れることができるように支援していくことが大切です。

負の感情を見ないように棚上げしてもいつかは手元に持ってこなければならない時がきます。その時に負の感情を言葉にできると自分が扱える大きさの問題になるとのことです。自分の心の奥に潜む得体のしれない感情に向き合うことはだれしも恐怖があります。仲間と語ることで自分の中の感情に気づきがあり、それも含めての自分の存在を受け入れていけることが回復への入り口になって行きます。

今回の研修を通して、「考え」が優位の世の中で気持ちや感・相手を変えるのではなく自分の生き方を変えていくということを学びました。

「私が私の一番の理解者」であるために、自分を大切にしていきたいと思います。一日の終わりに、自分にハグを!

4月28日(土)研修会

今年度最初の研修会は、日本ダルク代表の近藤恒夫氏と、日本薬物政策アドボカシーネットワーク ディレクターの古藤吾朗氏を講師としてお招きしました。

近藤さんは、みなさんもよくご存知のダルクの創始者であられます。薬に苦しむ本人を孤独にしない、寄り添うことから始める、そんな場所が出来て回復者が増えていく。そのプラスの連鎖が今のダルクなのだと思います。近藤さんの構想はとても大きく、学校を創りたい・仕事場を創りたい・・・一度、薬物で生活が破たんすると社会的制裁が大きく、回復しても生活が成り立たない現状があります。今回のお話の中で、印象的だったのは、「当事者の失敗に寄り添う」という言葉でした。失敗を責めない、そのままを受け入れるということなんだと思います。

「薬物をやめられない。」と裁判官に正直に言えたことから回復が始まったと、いつかの講演会で聴いたことがあります。家族や近しい人たちは、当事者が「薬を止める」と言ってくれることを望み、右往左往します。でも本当に大切なことは、「薬を止めたくても止められないから、助けてほしい。」と本人が言えることなんです。

そして今回、初めてひまわり家族会に来ていただいた、古藤さん。明るく軽快に今の日本の薬物対策をひも解いてくださいました。聴きなれない言葉ですが、「アドボカシー」とは代弁者ということです。「自己の権利を表明することが困難な障害者や高齢者の代わりに代理人が権利を表明すること。」というと分かりやすいと思います。

日本の薬物対策はなぜ、暗い印象になるのか?薬物が犯罪であり、依存症の概念がまだまだ浸透していないことに起因するように思います。日本では司法の樹に多く水をやり、保健の樹にはあまり水やりをしてこなかった。一定の成果はあったが限界にきている。これからは保健の樹にもっと多くの水やりをするよう働きかけていく。

最近、芸能ニュースで話題になっている方も、アルコールに対しての報道が過熱しています。依存の問題があるとしたら、是非正しい報道をしてほしいと、心より願います。