2018年1月28日 第3回「薬物依存症者と家族オープンセミナー」

寒い日、大勢の皆様を「横浜ラポールシアター」にお迎えして第3回「依存症者と家族オープンセミナー」を開催出来ましたことを感謝申し上げます。

体験談では、薬物依存症者を抱える家族の方、当事者のお話で、場内も静まり返って聞かれていました。苦しい胸の内、近隣の人との接し方、両親・子供に対する対応の仕方等々涙を誘う言葉もあり、参加者の皆様も、衝撃を受け、感動されたことと思います。 

小林桜児先生の講演資料の中に、「依存症的行動は、おぼれかかっている人にとっての浮き輪」とあります。すごい表現で理解できます。

「うそをついている間は、依存症は回復しない(自分に正直になること)」「仲間を作り、相談相手になり、また相談相手になってもらう」等々参考して、これからも薬物依存症者と、関わって生活していきます。

「横浜ひまわり家族会の皆様」ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です