2017年8月26日(土)研修会

横浜保護観察所 岡野 みずほ 統括保護観察官を招いて 「薬物依存のある人の保護観察について」のテーマでお話しを伺いました。 2016年6月1日より刑の一部執行猶予制度が開始され最長で3年の保護観察が付くようになり、その間、対象者は薬物再乱用防止プログラムを受ける事が義務づけられるそうです。 家族としては この取り組みが再犯防止に繋がり薬物依存症の回復になる事を強く願います。